非常用発電機 負荷運転の内容

あなたが所有(管理)している物件に非常用発電機はありますか?

もし非常用発電機の「負荷運転」についてご存知なければ、この記事は必ずご一読ください。

非常用発電機の「負荷運転」の実施はあなたにとっての責任であり、実施を怠ると消防法において罰せられます。
→「消防法点検内容及び罰則」はコチラ

東日本大震災や熊本地震の際、約30%以上の非常用発電機が動かなかったと言われています。
→「非常用発電機の不具合の原因」の詳細はコチラ

非常用発電機は、災害時に消火活動に必要なスプリンクラーや消火栓ポンプを動かすために必要です。

考えてみてください。

災害時にあなたが所有(管理)する物件で、万が一非常用発電機が作動せず、二次災害が拡大した場合、あなたはどのように責任を取りますか?

負荷運転の内容

負荷運転とは

 

・擬似負荷試験装置、実負荷等により、定格回転速度及び定格出力の30%以上の負荷で必要な時間連続運転を行い確認する。

・運転中に漏油、異臭、不規則音、異常な振動、発熱等がなく、運転が正常であること。

・運転中の煙突から吐き出される排気色が極端な黒色、白色でないことを確認すること。

・運転中に原動機排気出口より、消音器を経て建物等の外部にいたるまでの排気系統に排気ガスの漏れのないことを確認すること。
※消防法第214号ー第24-3総合点検ホームページより抜粋

この通り非常用発電機の負荷運転とは、消防法で規定された点検のことです。

電気事業法の月次点検とは異なり、最低30%以上の負荷をかけた出力確認点検が必要です。

点検の内容

①負荷運転の実施には専用の負荷運転機を用います。

②本来電源が供給される施設側の接続を遮断して試験ユニットと接続します。

③非常用発電機と負荷運転機を連結し、実際の負荷に近い模擬的負荷をおよそ30分程度かけます。

この試験により、実際に非常用発電機に負荷がかかった状況でも、正常な電力供給が可能かをチェックします。
同時に非常用発電機の異音、黒煙や異臭などの不具合や他のメンテナンスの必要性を点検します。

メンテナンス効果と事故防止

 

この負荷運転では、発電機の不具合の原因(→「非常用発電機の不具合の原因」の詳細はコチラ)とされる、湿ったカーボンを燃焼させる効果と、排気圧が上がることでのカーボンを飛ばす効果があります。

また湿ったカーボンの堆積は動作停止だけでなく、非常用発電機自体の火災の原因にもなります。

このように「負荷運転」は堆積されたカーボンの除去だけでなく、負荷をかけることによるエンジントラブルの予防にも効果があります。

負荷運転のコスト

 

従来の負荷運転機は、大型で重量がありトラックでの搬入や大掛かりな点検スペースが必要でした。

半日~1日かかる作業は、施設の停電なども必要で作業員も最低でも5名程度を必要だったため、高額な点検費用となっていました。

私たちが提案する、最新の負荷運転装置は

・装置の小型化による搬入時間の削減

・作業時間の短縮

・作業人員の削減

により大幅なコスト削減により、従来の1/3の予算で負荷運転が実施可能です。

さらには、施設の停電の必要もありません

あなたはどうしますか?

 

以上の通り、非常用発電機の「負荷運転」は、万が一のために非常に重要な点検です。

消防法による点検の規定だけではなく、

・コンプライアンスに沿った施設の運営

・人命を預かる施設の所有者(管理者)の防災対策の責任

があなたにはあります。

万が一のトラブル時、あなたはどのように責任をとりますか?

日常の点検が、災害時の多くの人命とあなた自身を守ることになるとわかっていても、それでも点検を実施しませんか?

お見積もりは無料です

非常用発電機「負荷運転」のお見積もりは無料です。

下記問い合わせを今すぐクリックして、見積もりをご用命ください。

非常用発電機の大きさにより費用が異なりますので、担当が確認にお伺いさせていただきます。