グリーストラップのゴミの処理

 

飲食店を経営していくうえで必ずやらなければいけないことって、たくさんありますよね。

その中でもグリーストラップのメンテナンス。

あなたは好きですか?

清掃はしっかりしていますか?
あまりしないですか?

社員さんやアルバイトさんにもやっぱり敬遠されがちな作業の一つですよね。

とはいえ、放置してしまえば臭いや害虫の発生源に。
最悪な場合は配管の詰まりにも…

 

やっぱりトラブルに繋がります

 

私たちKAGETORAでは、グリーストラップのメンテナンスも実施しています。
→「ぶくぶく君導入によるメンテナンスについて」はコチラ

当たり前のことですが、お店によって考え方もやり方も様々だなぁとメンテナンス作業に入るとつくづく感じます。

頻繁にゴミを取っているお店は作業がしやすいですし(本当に助かります)、メンテナンスの時間も短くなるので、お店に迷惑をあまりかけなくてすみます。

ゴミの量が多いお店はゴミ袋3〜4袋分ぐらい。カゴに収まりきらないゴミがグリーストラップの底に山の様に溜まっていたりします。(笑)そうなると作業時間も長くなってしまい、営業時間前ギリギリになってご迷惑をお掛けしてしまう場面もチラホラ…

 

おわかりいただけると思いますが、排水が詰まったなどトラブルが多いケースは後者の方です。

メンテナンス時(月1回もしくは2ヶ月に1回)以外はほとんどゴミを取っていない

 

という状態のグリーストラップがトラブルの大半をしめます。

 

忙しくてグリーストラップの清掃まで手が回らないなど理由はわかりますが…

それを怠ることで、営業中にトラブルが発生しお客さんに迷惑をかけたり、本来上がるはずの売上が上がらないことの方が問題ではないでしょうか。

 

手間のかかる作業だからやれない?

 

確かに重たい蓋を開けてカゴを出してゴミをとる。

そして時には清掃もする。

という作業は大変な作業ですよね。

まして営業中にお客さんがいるなかでやれることでもありません。営業時間外にそのためにあなたが早く出勤して行うか、はたまたアルバイトさんに早めに来てもらって人件費をかけて行うか。

カゴからゴミをすくうためにと考えるとちょっと億劫になりますよね。

それが三角コーナーの生ゴミネットの様に、ネットを付け替えるだけなら簡単じゃないですか⁇

 

スカムセーブネットがあります!

 

スカムセーブネットとは

 

上記の通り、グリーストラップへ流入する排水の入り口に、残渣(ゴミ)カゴの変わりに設置するだけでネットがゴミを回収してくれる優れた一品です。

 

これを設置するだけであなたのお店は…

臭いと害虫が減りすがすがしい気持ちで仕事ができます

 

細かい残渣まで回収でき、生ゴミを水中で溜めることで生ゴミの酸化が遅れるだけでなく、生ゴミが水封されるため臭いの改善にもつながります。
また目の細かいネットが衛生害虫の餌場への侵入を防ぎます。

 

清掃回数も減りゴミの回収作業も楽になります

 

堆積する汚泥が大幅に減少するため清掃回数も減らせます。
ネットの交換だけで済むためゴミの回収作業も楽になります。
薬剤などは使用しないので自然にやさしい生物処理です。

 

交換も設置も簡単です

 

 

ネットの交換方法はネットホルダーのバンドを外しネットを交換。もう一度バンドを巻くだけなので誰にでも簡単です。

初回設置の際は弊社担当がお店に伺いグリーストラップに合わせてホルダーのサイズ調整を行います。

 

今すぐご相談ください

 

グリーストラップのネットを週に一度付け替えるだけで、衛生環境を維持し排水トラブルの発生を少しでも抑えられるとしたら、今までに比べグリーストラップのメンテナンスも取り組みやすいと思いませんか?
※ネットの交換頻度はグリーストラップに流れるゴミの量によって変わります。

従業員さんが働きやすい職場は、お客さんにもいい影響に繋がります。スカムセーブネットの設置で売上が増えるかもしれませんね。

スカムセーブネットのお問い合わせは今すぐ下記ボタンを押してください。

弊社担当よりご連絡させていただきます。

※グリーストラップにより設置できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。