メニュー
KAGETORA
smp_ls_banner
topbanner1

「負荷運転」とは非常用発電機を動かし、負荷をかけて規定通りの能力を発揮できるかを確認する試験です。
負荷運転を行うと同時に、不具合の原因となる、非常用発電機に付着した湿ったカーボンも燃焼させます。
定期的に負荷運転を行うことが規定されていますが、負荷運転を行う事業者が少なく、高コストになるためエンジンをかけるだけの確認で済ますケースが多いようです。

東日本大震災及び熊本地震の際、約30%の非常用発電機が動かなかったと言われています。

topbanner1

東日本大震災の際は整備不良により約70%近くの発電機が稼働しませんでした。
そのため、震災の翌年にあたる平成24年6月27日から「消防法 44 条」が改正され、 罰則規定が強化されました。
負荷運転を怠ると、非常用発電機の劣化と消防法の点検基準で定められている「負荷運転」項目の法令違反となります。

法令による罰則等

電気事業法 技術基準に適合していないと認められる発電設備の設置者
(電気事業法第 40 条)
技術基準にへの適合命令、又は使用制限
建築基準法 検査報告をしない者又は虚偽の報告をした者
(建築基準法第 101 条)
100 万円以下 の罰金
消防法 点検報告をしない者又は虚偽の報告をした者
(消防法第44条11号)
30 万円以下の罰金、又は拘留流
上記従業者と所有者、管理者
(消防法第45条3号)
最高で 1 億円の罰金及び刑事責任